アトピーの原因って?!TOP > アトピー > アトピーの症状って酷い?

アトピーの症状について

アトピーの症状が現れたら?

アトピーの症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

アトピーと聞くと、

「肌にかさぶたができてガサガサしている」
「肌を掻き過ぎてジュクジュクしている」
「肌に赤い湿疹がたくさんできている」


このようなイメージがあるのではないでしょうか。

では、実際にはどのような症状の事を言うのでしょうか。

アトピーとは?
皆さんご存知の「アトピー性皮膚炎」の事ですね。
かゆみのある湿疹が長い期間、あるいは繰り返し出来る症状です。

アトピーの特徴とは?
・かゆみがある
・湿疹が左右対称にあらわれる
・大人では6ヶ月以上、乳幼児では2ヶ月以上、症状が続く

などがあります。

痒みのせいで傷が出来てしまうくらい掻き、
傷が化膿してかさぶたになったりします。

アトピーが発生しやすい場所

・目や口の周り
・耳や首
・手足の関節部分


などで、特に汗を沢山かくところや汗が溜まりやすいところに発生します。

一般的に、アトピー性皮膚炎には

・乳幼児型アトピー性皮膚炎
・小児(学童)型アトピー性皮膚炎
・成人型アトピー性皮膚炎


このように分けられいて、年齢によって症状も異なってきます。

乳幼児型の初期症状
耳の付け根が切れたり、顔面の皮膚が少し白くなってカサカサした状態や、
手足の皮膚がザラザラするような軽い皮膚の異常から始まるのが普通です。

成人型
安易なステロイドの使用によって患部が徐々に拡大。
痒みも却って酷くなったりするので注意が必要となります。

もしも、アトピーの症状と思われる場合は一度、病院で診察されると良いですね。

 
Ads by Sitemix